高カロリーなドッグフードは大丈夫?

高カロリーなドッグフードは大丈夫?

人間でも、同じものを食べて生活しても太ってしまったり痩せてしまったり、特に変化がなかったりと人によって体への変化は異なります。
これは、犬にも当てはまります。
基本的に、ドッグフードはたくさんの犬に与えてデータ採取をして適切なカロリーや栄養素を計算した上で、給餌量が決められています。
しかし、中には消化吸収が苦手で栄養をしっかりと吸収できなかったり、他の犬よりも運動量が多かったりするために適量を与えていてもなかなか太らず痩せてしまっていたり、少食で給餌量のフードを食べきれなかったり、といったことがあります。
そのような時に役立つのが高カロリーなドッグフードです。

カロリーが高い食事と聞くとあまり良い印象が持たれないものです。
しかし、太れない犬であったり少食な犬であれば、まずは体重を維持するためにカロリーの高めのドッグフードを与えることを動物病院で勧められます。

しかし、ただカロリーが高いだけでは意味がありません。栄養バランスがきちんと整っていることも重要ですし、豊富に含まれていることも大切です。
また、高カロリーなドッグフードへの切り替えが必要になったからといってすぐに新しいフードに切り替えるのは避けるべきです。
犬は突然ドッグフードが変わるとお腹を壊してしまうことがあります。
そこで、今食べているものに少しずつ新しいフードを混ぜて慣らしていかなければなりません。
アレルギーや食事の好みで新しいフードを食べたがらない場合には、犬用の牛乳をおやつにしたり食事にかけてあ与える方法もあります。
これも、人間用の牛乳ではなく犬用のものを与えなければなりません。
人間用の牛乳を飲むと、犬には分解できない成分もあるためにお腹を壊してしまうことがあるのです。

高カロリ-な食事を与えなければならない状況であった時には、自己判断で行うのではなく医師に相談の上で行いましょう。
太れない理由、食事が進まない理由には様々なことがあり、単に胃腸の弱さや消化の苦手さ、食の細さだけでなく病気やアレルギーであることもあるためです。
そのあたりの状況判断は素人では難しいものですから、必ず医師に診てもらって適切な食事を判断してもらいましょう。
また、素人判断で高カロリーなドッグフードを与えると肥満を起こす可能性もあります。
愛犬が元気で長生きするために食事はとても重要です。
与える前に不安な点は必ず医師に相談するようにしましょう。

page top