ドッグフードの相場は?

ドッグフードの相場は?

ペットッショップや量販店に出向くと、ドッグフードにもたくさんの種類がありどれを買えば良いのか迷ってしまうものです。
あまりにも安いものは品質が心配になるものであり、だからと言って高いものを選ぼうと考えればきりがないものです。
なんとなく、真ん中の価格のものを選べば安全だと思われがちですが、決してそういうものではありません。
品質、価格ともに飼い主の納得がいくものを選ぶことが大切であるため、一概に相場http://xn--qckubrc3d4m.biz/quotation.htmlとしてどのくらいのものを選べば良いとは言えないものなのです。

ドッグフードの価格帯として、100グラムあたりの金額が100円を切るものもありますし、100円以上するものもあります。
特に、プレミアムフードと言われる添加物不使用であったりオーガニック素材が用いられているものは、原材料に費用がかかっているため価格が高くなります。

ドッグフードの相場
種類 格安 平均 割高
ドライフード1kgパック 100円 700円 1000円
ウェットフード1kgパック 250円 1000円 2500円
セミモイストフード1kgパック 200円 800円 2000円
ソフトドライ1kgパック 150円 900円 3000円
プレミアムフード1kgパック 500円 1500円 20000円
オーガニックフード1kgパック 800円 2000円 30000円
手作りフード1kgパック 1000円 2000円 10000円

また、犬によってはアレルギーや持病があることもあり、そのような場合には療法食を与えなければならないため少し価格も高くなります。
もちろん、高ければ高いほど安全性が高くなるのですが、高価なドッグフードも続けて食べなければその効果は得られません。
そこで、毎日与え続けることができる価格で納得の出来る品質のものを選ぶことが大切です。
安いフードには、やはり安い理由があるものです。
原材料が安く済むように穀物でカサ増ししていたり、粗悪な肉を用いているものもあります。
粗悪なものの中には、人間が食べることがないような腐った肉や、病死した動物の肉を用いている場合もあります。
もちろん、犬も粗悪品が用いられていれば気づくものです。
そこで、香料や調味料といった添加物を大量に入れることで味をごまかしていることもあります。
他の商品と比べてあまりにも安いものは、健康を害する危険もあるので避けたほうが良いと言えます。
添加物が使われていても全てが悪いわけではありません。
品質を保持するためには添加物も必要なものではあります。
そこでドッグフードを選ぶ際は、過剰な添加物が用いられていないものや、天然成分を用いているものを積極的に選ぶようにしましょう。

page top