オーガニック認定済のドッグフード

オーガニック認定済のドッグフード

人間の食事でも健康志向の高まりから添加物や化学調味料を使用していない食品や、農薬を使用していない野菜を食べるようにしたりという人が増えています。
そして、この流れはドッグフードにも派生しており、添加物不使用やオーガニックのドッグフードを愛犬に与える飼い主が増えてきました。

基本的に、オーガニックや無農薬、添加物不使用、といったドッグフードは高級フードとされ、価格が高いものがほとんどです。
農薬を用いず作物を生産するため、手間もかかりますし大量生産ができないため、原価にコストがかかってしまうためです。
しかし、価格が高くてもそれで愛犬の健康が守れるのならば購入しようと思うものですが、オーガニックや無農薬と書かれていれば絶対安全というわけではありません。
法律の規制も甘いですし、抜け道がたくさんあるため、オーガニックと書かれていれば必ずしも高品質ではないことを理解しておきましょう。

オーガニックフードと書かれているのに価格が安いと感じたら必ずその品質表示を確認してみましょう。
商品によっては一部の原材料のみがオーガニック素材であることもありますし、穀物の比率が高いものもあります。
ドッグフードをに最も多く必要なのがタンパク質です。
排便を促したりお腹の掃除をするために繊維質も必要ですが、多すぎると犬の胃腸には負担が大きくなってしまうため量の加減が必要なのです。
しかし、穀物は肉類よりも原材料費が抑えられるため、穀物を用いてカサ増しをしている粗悪なフードも中にはあるのです。
オーガニックと書かれていれば何でも良いわけではなく、その中でもきちんと品質の良いものを選ぶことが愛犬の健康を守るためには必要なのです。

そして、オーガニックドッグフードは価格が高いものがほとんどです。
長く食べ続けなければ、良いドッグフードを食べてもその効果を得ることができません。
そこで、長く食べさせ続けられるように、品質だけでなく価格についても満足できるものを選ぶようにしましょう。

page top