ドッグフードの賞味期限

ドッグフードの賞味期限

ドッグフードを購入する際に、賞味期限を確認する人は意外と少ないものです。
実際、購入するフードは1ヶ月ほどで食べきれるものを購入するのが一般的ですし、まとめ買いをする人も3ヶ月分ほど購入する人が多いためです。
一般的なドッグフードは、ドライフードです。
乾燥させることにはいくつかメリットがあり、歯を強くしたり食べ応えがあること、歯が汚れにくく口内トラブルが防げること、そして乾燥させていることで日持ちしやすくするという点があるのです。
そのため、きちんと密閉して管理をすればドッグフードの品質は長く保てることが多いのです。

日持ちをすると言われているドッグフードですが、いくつか注意点があります。
まずは、賞味期限は未開封での品質保持ができる期限であることです。
基本的にドライフードであれば開封後1ヶ月、ウェットフードなら開封後1日以内に食べきるのが理想です。
ドライフードならば、開封後はチャック袋や密封できる容器に保管して空気に触れないようにしておくこと、ウェットフードでも缶詰タイプhttp://www.aimax-inc.jp/i/index.htmlならラップをして冷蔵庫で保管をするのが望ましいです。

ドライフードでも、短いものは1ヶ月ほどしかないものもありますし、長いものでは3年も賞味期限があるものもあります。
この賞味期限の長さは添加物の量にも関係があります。
あまりにも賞味期限の長いものは愛犬の健康維持のためにも購入を避ける方が良いと言えます。
ただし、添加物全てが悪いものではありません。
添加物の中には天然成分を用いているものもあります。
天然の物質をそのまま利用したり、もしくは天然の物質を使って生み出された物質を使用している添加物は天然添加物、化学的な手段で作りだされた物質を使った添加物が合成添加物と呼ばれています。
たとえば、フードを製造する過程で、酸化防止のためにビタミンEを用いたり、栄養を補強するために、ビタミンやミネラルなどを添加することもありますが、これらは天然の添加物です。

また、添加物を使用しないものは保存性が低いため品質管理を自分でしっかりと行う必要があります。
一度封を開けたドッグフードは、蓋をして冷蔵庫で保管しておく、といったことが大切です。常温のまま保存しておくと、ダニなどが発生することがあります。
せっかく添加物不使用の高級なものを購入しても品質管理がきちんと行えなければ品質を劣化させたものを与えることになり、逆に愛犬の体調を崩してしまう可能性もあります。
賞味期限とその添加物の使用量を確認することも大切ですが、品質保持のためにきちんと密封して空気に触れさせない管理を行うことも大切です。

page top