ドッグフードで体調管理もバツグン!

ドッグフードで体調管理もバツグン!

犬は話すことができないため、体調が悪くてもそれを自分から上手に伝えることができません。
そのため、飼い主が食事や散歩、睡眠、鼻の乾きといった愛犬の様子をみて体調管理を行わなければなりません。
健康であるためには、しっかりと睡眠をとること、栄養バランスのとれた食事をとること、適度な運動を行うことが欠かせません。
特に、食事についてはドッグフードを与えることになりますが、ドッグフード選びはとても難しいものです。
まず、人間は栄養バランスの整った肉や魚、野菜がまんべんなくとれる食事が良いとされていますが、犬はそうではありません。
犬はもともと肉食動物であるため、たんぱく質を多く含む食事が必要で、その量は全体の3分の1から半分ほどになります。
それ以外にも、炭水化物やビタミン、食物繊維も必要となります。

最近では、愛犬の健康を守るためにドッグフードにこだわる人も増えてきました。
人間同様に健康志向が高まってきて、添加物不使用のものや国産の原材料のものを選ぶ人も増えています。
価格も幅が広く、こだわり始めたらきりがありません。
粗悪なものは、人間が食べることができないような腐った肉や病死した動物の肉が使用されていると言われてもいます。
あまりにも価格が安いものは、品質が良いとは言い切れません。
賞味期限が長すぎたり、価格が安すぎる場合には、購入を控えましょう。
もちろん、高ければなんでも良いわけではありません。
犬にも食べ物の好みはありますし、苦手なものもあります。
また、いくら高級なフードでも続けて購入できないのであれば与えてもその効果は得られません。
継続して購入ができる価格帯のものであり、体質や好みに合ったものを選ぶことが大切です。
犬によっては、同じものを食べていても太りやすかったりお腹を壊してしまったりすることがあります。
新しいドッグフードを与え始めたら、しばらくの間は食後の様子を観察して愛犬に合ったものであるのか確認するようにしましょう。
価格や、品質ともに納得できるものを選ぶことが大切です。
ドッグフードのおすすめランキングも参考にしましょう。

page top