外国産のドッグフードは安全?

外国産のドッグフードは安全?

人間の食事では、食の安全の観点から国産の野菜や畜産物を選ぶ傾向があります。
輸入食品についても、国産の食品と同様に食品衛生法に基づいて検査がされていますが、まだまだ国産の方が安全という価値観は根強く残っています。
これが、人間の食事だけでなく最近ではドッグフードにおいても国産の食品を好む人が出てきています。
しかし、必ずしも国産であれば安全であるとは限りません。
きちんと細かな説明事項についても確認して選ぶことが大切です。

そもそも、ペット文化は日本は出遅れており、外国の方が早くからドッグフードの生産やペットとの暮らしの法整備がされています。
それに対して、日本のペット産業はまだまだ法律の規制もしっかりと行われておらず、人間の食事よりも基準が甘いものです。
もちろん、外国産のフードでも粗悪なものはありますし、国産のものでも品質の高い良いものもあります。
そのため、絶対に国産http://www.icgr2007.org/zairyou.htmlが安全であるとか、外国産の方が良いと一概には言えず、商品のその原材料や品質表示の確認をして納得のできるものを選ぶのが大切です。

USDA(米国農務省)はアメリカ政府の機関で、ドッグフードをはじめとする、工場の製造の行程や、管理などを管轄しています。 厳しい基準の元、フードの格付けも行っており、細かくグレードがわかれています。
このグレードが高いものほど、人間が食べる物と同等であり、安全で栄養価も優れている商品である、と認められたものとなります。

また、同じくペット先進国のひとつであるドイツには、「Bio」という、オーガニックの認証があります。
「Biokreis(ビオクライス)」という機関が認定しているものです。
たとえば肉は有機栽培の飼料を使い、なるべく自然の状態で飼育しされていたものか、野菜や穀物を育てている土は、3年間化学肥料を使っていないものかなど、100パーセント有機材料を使用しているか、細かく決められています。
工場において、加工や製造は適切に行われているかもチェックの対象です。
これらのEUの規格に沿っているか厳しい審査をクリアした、安心、安全の商品のみが認められるマークです。

ただし審査を通過したかのような記載をしているメーカーもあるので、きちんとその内容も確認するようにしましょう。
また、外国産のドッグフードには並行輸入品と書かれたものがあり、これは温度管理がされていないコンテナで運ばれていることも多く、品質が保てないものも多くあります。
そのため、価格が少し高くても品質管理がきちんとされた正規輸入品http://xn--qckubrc3d4m.tk/import.htmlのものを選ぶようにしましょう。

page top