おすすめのビーフドッグフード

おすすめのビーフドッグフード

ドッグフードの原材料で肉はとても大切なものです。
犬はもともと肉食動物であるため、たんぱく質を多く必要とします。
このたんぱく質が含まれている食品が肉類です。
ドッグフードの原材料となる肉というと、鶏肉を思い浮かべる人が多いです。
確かに、鶏肉は低脂肪高タンパクで犬の健康維持にはとても役立ちます。
しかし、鶏肉だけでなく牛肉を用いているドッグフードもあるのです。
そして、牛肉を用いることにはいくつかのメリットがあります。

牛肉は、他の肉と比べてタンパク質が多く含まれています。
犬にとっての健康維持にとても役立つ食材で、たんぱく質が不足すると、体も痩せてしまったり運動をしたがらなくなってしまったり、毛つやが悪くなってしまったりします。
そして、これらの健康状態を維持するのにはたんぱく質以外にも必要な栄養素があります。
、ビタミンB群や鉄分などが多いことも挙げられます。
健やかに育つことを促したり、血液をサラサラにする効果もあるため、アンチエイジングにも役立ち、鉄分は疲れにくい体を作り、貧血を予防します。
さらに他の肉と比べると、亜鉛やコリンという身体にとって重要な成分が多く含まれている、ということも大きな特徴です
そのため、ビーフドッグフードは愛犬の健康維持に良いと言われるのです。

ただし、牛肉が入っていれば何でも良いわけではありません。
牛肉は鶏肉に比べて原材料費が高くなるため、ビーフドッグフードは高めのものが多いです。
しかし、そのような中でもたまにとても安く手に入るものがあることがあります。
誰だって安くて良いものならそれを選びたいと思うものですが、本当に良い品であるかの見極める必要があります。

牛肉を用いていると書かれていても、4Dミートと呼ばれるような肉の品質が悪いものであることがあるのです。
人間には用いることができない腐った肉や死んだ牛の肉を用いていることもありますし、肉粉やエキスのみを用いていることもあります。
牛肉が使われていれば何でも良いのではなく、その牛肉がどのようなものであるかもきちんと確認する必要があるのです。
購入の際には品質表示を確認して、まずは牛肉がきちんと用いられているのか確認しましょう。
次に、添加物が多すぎる場合には、粗悪な肉に香料や調味料を加えて誤魔化している可能性もあります。
他の商品と比較して、あまりにも値段が安かったり、添加物が多量に用いられているものは購入を避けましょう。

page top